気持ちが楽になる生き方

以前、私のところに復縁相談に来られた女性の話。

その女性が言うのには、
「私はこんなに尽くしていたのに、なんで分かってくれないのか。別れたい彼の気持ちが分からない」
って話されるんですね。

皆さんにもあるのではないでしょうか?
相手に期待しすぎたばかりに、裏切られた気分にさせられた経験って。

すっごいムカついたり、イライラしたり、相手に怒りを覚えたり、そんな感情が沸いてきますよね。

こんな感情を打ち消す方法があるんですよ。

それが昔に読んだ本に書かれてたのですが、

『常に相手に対し幻滅しておくこと』って。

初め見たときは、「はぁっっ?!」って思いましたね。
皆さんもそう思うのではないかと。

でもこれを実践すると、本当に楽になるんですよ。

どういう事かというと、

人は相手に期待をする。
期待通りにやってもらえないからイライラする。

人は相手に多くを求める。
求めた通りに返ってこないからイライラする。
腹が立つし怒ってしまう。

じゃあ最初から期待しなきゃいいじゃない。
幻滅しておけばいいじゃない。

そうすれば相手が失敗しても、
「まっ、仕方ないか。俺が何とかするか」
って気持ちになるから。

ってことなんですよね。

私のように、「怒ったことあるの?」とか、「悩みとか無さそうだよね」とか、「あまり何も考えてないよね」なんて言われる無神経気質な人は不要かもしれませんが。

口に出して「お前には期待してないから」って言うのは駄目だとは思うんですが、そういった心持ちでいると自分が楽になるんです。

そして期待せずに幻滅していると、要求や期待に応えてくれた時には、より大きな喜びとして返ってくるんですよね。
そして相手に対し、本気で褒めてあげれるし、感謝もできる

なんか上手く言えないのがもどかしいのですが、つまりそういうことなんです。

うちの姉なんかは、息子にやたらとガミガミ怒る。
萎縮しちゃってるのが分かるほど。

そんな時、思うんですよ。
何を子供にそこまで期待することがあるのかなって。

世の中の親御さんで、本当に子供のことを思って怒れる人ってどれだけいるんだろうって思うんです。
自分のイライラを解消するために子供に怒ってる人も多いのではないでしょうか。
子供が言う事を聞かないからではなく、自分の思い通りにならないから怒ってるのではないのでしょうか。

果たして「怒る」という行為が、子供にも親にもプラスになっているのかなって疑問にも思うのです。

 

もしあなたが「常に相手に対し幻滅」しておくことができたなら、

入った店の店員がどんなに無愛想で失礼な態度をしたとしても、期待していないから軽く流せます。
部下が言ったとおりに動いてくれない、でも元から幻滅しているから「怒り」よりも次の対策を考える方向に切り替えることができます。

最初にお話した復縁相談の女性も、彼氏に過度な期待をせずにいれたなら、また違っていたのかもしれません。

「期待しない考え方」の画像検索結果

 

そう考えると、この『相手に幻滅しておく』という生き方は、「怒り」という感情を抑えてくれるどころか、ストレスを無くし、自分を楽にしてくれる最高の考え方であると思うんですよね。

常にイライラしてしまいがちな人、
怒りっぽい人、
人の嫌なとこばっかに目が行っちゃう人、
不平・不満をすぐ口に出しちゃう人、
人間関係で悩む人、

この『常に相手に対し幻滅しておく』考えを実践してみてはいかがでしょうか。
少しは自分を楽にさせてあげても良いのではないでしょうか。

ただし、相手を見下したり、卑下するのとは違うので勘違いはしないで下さいね。


ジョージ・アイリス
ふたつの法則を守る限り、他人に失望することはない。法則1.その人間が何者か知る。法則2.その人間にそれ以上期待しない。

ヘンリー・フォード
現代の悩みは、人が自分のために何かをしてくれるものと期待している人間が多すぎることだ。今日の大部分の問題の解決は、自分で何かをする一人一人の中に見出される。

ジェラルド・ジャンポルスキー<アメリカの精神科医>
心の平和を得るためには、人を変えようと思わないことです。
人をありのままに受け入れることです。
本当に受け入れると言うことは、何も要求せず、何の期待もしないということです。

Please Login to Comment.